お金を借りる|銀行系〜消費者金融系まで|キャッシングランキング|

おまとめローンの楽さはわかりづらい

 

おまとめローンは名称の通りに、幾つかのローンをまとめて一つの大きなローンにするという方法です。

 

多重債務といわれる状態では、それぞれの返済にかかる労力も利息も無視できるものではないので、一本にまとめてしまって利息を払うところも返済をするところも一つにすることで、返済負担の軽減を狙うのです。

 

返済の負担が減るといっても、返す金額自体が変わるわけでも無し、何が楽になるというのかわからないという考えは、おまとめローンの問題においてはちらほら聞かれるものですね。

 

事実おまとめローンの楽さは、数値で見ても明らかなものではなく、非常にわかりづらいものだといわれています。

 

おまとめローンのよさがわかるのは、多重債務に苦しんでいた人だけと、極端なことを言えばそう表現できるかもしれません。

 

一見派手なところの無いように見えるおまとめローンに支持が集まるのは、一重に口コミで評価が集まっているからというところでも、それは示されています。

 

返済の窓口が一つだということも、返済日が月一回で済むということも、普通の利用者にとっては当たり前のことです。

 

しかし多重債務者にとっては、その当たり前のことこそがとても大きなメリットに感じられるのです。

 

おまとめローン http://omatome7.com/

公的機関でお金を借りるにあたってのメリット・デメリット

お金を借りる方法には様々あり、消費者金融や銀行というものがあります。

 

それら以外にも注目の存在があり、公的機関がから借りるという方法もあります。

 

公的融資などといわれるタイプのものですが、どのような特徴があるのかを解説します。

 

 

 

■公的融資の内容について

 

公的機関による住宅融資を指していることもあります。

 

住宅を購入する時に低金利で利用できるローンといっても良いでしょう。

 

金利が低い銀行の住宅ローンよりもさらに低い金利で融資されるのが大きな特徴です。

 

返済などを少しでも有利にしたい方に向けたものでもありますし、職業による制限が設けられていないといったメリットもあります。

 

 

 

・企業にとっての公的融資

 

事業資金が足りなくなってしまった時に利用できる公的融資もあります。

 

公的融資の種類にはいくつかあり、“日本政策金融公庫”・“制度融資”・“商工組合中央公庫”などがあります。

 

新規開業ローンや新規創業資金として利用できるものもあり、これから事業を起こそうという時にも利用できます。

 

 

 

■公的機関でお金を借りるメリット

 

・圧倒的な低金利で利用できる

 

無利子といったことでお金を借りることも可能です。

 

上記したケースとは少し異なりますが、生活資金が足りなくなってしまった場合には、地方自治体の“生活福祉資金貸付”制度を利用することができます。

 

キャッシングなどを利用すると、年利で20パーセント近い金利が取られてしまうわけですが、そのような心配はありません。

 

 

 

《生活福祉資金貸付制度の詳しい内容》

 

・借りられる金額:(上限)15万円から20万円(1カ月分・最大で12カ月分まで)

 

・金利:年利で1.5パーセントほど(保証人がいるケースでは無利子)

 

・条件:低所得者世帯である事

 

条件があるわけですが低所得者世帯以外にも、公的支援を受給していないというものが加えられています。

 

生活保護を受けている方などは利用できません。

 

 

 

・審査の基準が“返済できるか”ではない

 

キャッシングの審査は一般的に、返済できるかが一番重要視されます。

 

返済が難しいと判断されれば審査落ちになってしまうわけです。

 

一方で、生活福祉資金貸付制度の審査は、本当にお金に困っているかを審査します。

 

実際に厳しい生活を送っていれば問題なく審査を突破できます。

 

 

 

■公的機関でお金を借りるデメリット

 

・審査に時間がかかる事も

 

消費者金融の場合や銀行の場合は、即日に審査が終了しその日のうちに融資を受けることも可能です。

 

しかし、公的機関の場合は、審査にある程度の時間を要します。

 

1週間から2週間程度かかるのが一般的なので、すぐにお金が欲しいという場合には適していないです。

 

 

 

■求職者支援制度の内容について

 

仕事をする意思がある方が受けられる公的機関の融資に、“求職者支援制度”というものがあります。

 

ハローワークで申し込みができまして、職業訓練を受けながらお金を貰えるのが特徴です。

 

返済の必要がないので、融資というよりは給付となります。

 

 

 

《求職者支援制度の詳しい内容》

 

・借りられる金額:月額10万円プラス交通費(一定額まで)

 

・金利:無利子(返済の必要がないので)

 

・保証人必要なし

 

・条件:授業への出席率・収入が月8万円以下など

 

親戚・友人など身近な人からお金を借りるとどうなる?

お金を借りる方法としては、貸金業者から借りる方法と知人から借りる方法があります。

 

一般的なのは貸金業者から借りることですが、身近な人からお金を借りるとどのようになるのかを考えてみましょう。

 

 

 

■話しづらい

 

自分が友人からお金についての相談をされたと考えれば、話をきりだすのにも勇気がいると思います。

 

なかなか、話がしづらいということも考えられるわけです。

 

結果的に、ずるずると時間だけが進んでしまい、お金の問題が大きくなってしまう可能性が高いです。

 

 

 

■関係が悪くなる事も

 

お金を知人から借りると、よくあるのが関係が悪化してしまうということです。

 

多くの方が体験していることであり、結果的に友人を失くしてしまう事もあります。

 

慎重にきりださなければいけません。

 

 

 

・関係を悪化させない方法

 

なぜお金が必要なのかを説明するのが最も大事です。

 

そ返済についても期日を明確にして話してください。

 

月々にいくら返済する予定なのかを話すことで、相手側も安心してくれることもあるでしょう。

 

 

 

■借用書の作成方法

 

知り合いとのお金の貸し借りで、特に重要になるのか借用書です。

 

双方にとって大事なものになります。

 

借りる法は相手を安心させることにもつながりますし、貸す方はお金を貸した証明書が手に入ることにもなります。

 

 

 

補足情報になりますが、実は借用書を作成しなくても金銭消費貸借契約は成立すると法律で認められています。

 

ただ、借主が借りていないといいはる可能性もあるので、借用書を作成するのが基本だと思ってください。

 

 

 

・作成方法について

 

まず紙に「借用書」であると明記します。

 

その後に貸主の名前を記入し、さらに日付と金額を明記して、借入金額を記載します。

 

そして、返済方法について記載してください。

 

一括返済する予定なら、「○年○月○日までに一括返済します。」と明記することも必要です。

 

利息について支払う場合には、通常の利息と遅延損害金の利息も記してください。

 

遅延損害金とは、支払いができなかった時に適用される利息額になります。

 

最後に借用書を交わした日付を入れ、お金を借りる方の住所と氏名を書き印鑑を押します。

 

以上が一般的な借用書のスタイルになります。

 

 

 

■身近な人からお金を借りるメリット

 

・利息の支払いが必要ない事も

 

消費者金融からお金を借りる場合には、年利で20パーセントほどの利息率が設定されます。

 

しかし、知人相手なら借金元金のみの返済で住む事も多いです。

 

前記した借用書には利息の欄もありますが、無利息であればその部分を割愛できます。

 

 

 

・返済を待ってもらう事も

 

身近な人であるからこそ、返済を一時的にまってもらうなど柔軟に対応してもらう事も出来ます。

 

消費者金融などの場合は、債務整理をしなければいけない可能性もあるので、返済に対して少し柔軟になる可能性があるのもメリットに入るでしょう。

おまとめローンのデメリット

 

いろいろな理由により複数の金融機関から借金をしており、利息の返済に困っているという人は多いです。

 

複数の金融機関から借金すると大抵利息に苦しめられることになり、借金を返すために借金をするという状態でまさに負のスパイラルというかんじですが、そういう人たちをターゲットにしたサービスがおまとめローンです。

 

おまとめローンとは複数の金融機関からの借金を一括して借り換えによって一本化する方法で、言葉だけ聞くととても魅力的なものですが、おまとめローンはデメリットも多いので利用はおススメできません。

 

デメリットのひとつとして金利が安くならないことが多いということもありますし、減額できる借金が減額できない、保証人や公正証書を要求されて周りを巻き込んでしまうことがあります。

 

メリットとしては複数にお金を返さなくてもよいのでお金の管理は楽になりますが、借金が減ったりするわけではなく手間がかからなくなるというだけです。

 

おまとめローンを利用するにしても審査がありますし、債務整理を行えば借金減額や自己破産申請が通る可能性もありますので、おまとめローンの前に債務整理は出来ないのか考え、弁護士や司法書士に相談していることをおススメします。